【終了】2020/1/13 楽描プロジェクト【レッジョエミリア】

「レッジョエミリア教育」というのをご存知でしょうか?


イタリアのレッジョエミリア発祥の教育法だそうです。
教育法とはいっても何か決められた手段・決められたルールがあるものではなく、子どもたちが答えを導き出すためのアプローチのようなものだそう。

レッジョ教育を提唱したマラグッツィさんの「子ども達の100の言葉」という詩があります。

子どもには百とおりある。
子どもには百のことば 百の手 百の考え 百の考え方 遊び方や話し方
百いつでも百の聞き方 驚き方 愛し方 歌ったり
理解するのに 百の喜び
発見するのに 百の世界
発明するのに 百の世界
夢見るのに 百の世界がある
子どもには百のことばがある
…それからもっともっともっと…

けれど九十九は奪われる
学校や文化が
頭とからだを ばらばらにする

そして子どもに言う
手を使わずに考えなさい
頭を使わずにやりなさい
話さずに聞きなさい
ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは 復活祭とクリスマスだけ

そして子どもに言う
目の前にある世界を発見しなさい
そして百のうち 九十九を奪ってしまう

そして子どもに言う
遊びと仕事
現実と空想
科学と想像
空と大地
道理と夢は
一緒にはならないものだと

つまり百なんかないと言う

子どもは言う
でも 百はある


結果ではなく子どもたちが歩んだ道のすべてを尊敬する、認める。
子どもの無限の可能性を信じる。
そんなレッジョ教育を体験できるワークショップです。


Hopscoootch!は美術講師の原田宏美さんと一緒にワークショップを進行させていただきます♪

2020年1月13日(月・祝)

13:00〜15:00


寺尾地区センター 会議室


対象:未就学児〜小学校低学年


参加費:300円


内容:アーティストによる演奏、自分の色を探してみよう、美術体験

《身近な素材で音を出してみよう!》


参加予約受付開始 12月13日〜(電話予約は12月14日〜)

お問い合わせ先:寺尾地区センター
045-584-2581


0コメント

  • 1000 / 1000